行政書士は独学でも勉強できる|ステップアップしよう

学習法を工夫する

勉強

自力での勉強でも

スクールや専門学校、通信教育などを利用して行政書士の資格の取得を目指すケースもありますが、行政書士は独学でも取得できる資格でもあります。もっとも独学となれば、当然他の方法よりもそれなりに難易度は高くなります。しかし社会人などで忙しい場合は自分の時間の都合に合わせて勉強できたり、コストも他の方法よりも抑えられるため、独学で行政書士を目指すという方法も脚光を集めています。そんな独学での方法の場合、まずは粘り強く学ぶ必要があり、わからないことなどはとことん突き詰めて調べることが基本です。また継続させるためにも学ぶための時間バランスなどの自己管理も大切で、勉強計画予定を必ず遂行させるよう努力してください。さらに一人で学ぶため、自分なりのペースをつかむことも重要です。次は必須アイテムとなるテキストや参考書の購入についてですが、これにもちょっとしたコツがあります。基本的にはメインとなる参考書や過去問などは同じ製作元のものを選ぶと、内容が連動しているケースも多いので分かりやすく、勉強もはかどります。また、テキスト類は最新の情報が記されていてこそ受験対策になるということが大前提なため、購入コストを抑えられるからといって、あまり古本屋やネットオークションなどでテキスト類を購入することはお勧めできません。さらに、模擬試験なども利用して上手に学んでいけば、独学でも行政書士の資格を取得することは可能です。しかし、独学でわからない部分が多いと試験を突破できない可能性もあるので、自宅で学習できる通信講座を利用するなど工夫をするとよいでしょう。

背広の人

スキルアップを目指す

ビジネス界では終身雇用制度が崩壊して、給料が毎年確実に上がる時代ではなくなっています。そのため、自分自身で計画的にスキルアップのための取り組みを行うことが大切です。資格取得のためには、学校に通うという手段はもちろん、通信教育、インターネットを利用したものなどがあります。

保育士

一種免許状と二種免許状

幼稚園教諭の免許状には一種と二種とがあり、前者は養成課程のある4年制大学で51単位を修得することで取得できます。後者は短期大学で31単位を修得するだけで済むので、多くの人が後者を選んでいます。しかし一種免許状を有していると、採用試験で有利になることもあるので、これを選択する人も増えています。